天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローン人間

生命の進化に対する挑戦か?

 1997年2月に誕生したクローン羊「ドリー」は、
哺乳類のクローン創造の第一歩だった。クローンと
は生物の複製のことだ。つまりオリジナルではない
ということ。

 生命は進化の過程で複雑さを獲得していった。身
体組織が複雑になり、生物全体が多様化している理
由は、環境が激変した場合でも、生き残りの確率が
高くなるというのが、合理的な説明らしい。

 クローンはそのような進化の方向性からはみ出し
た存在といえる。クローンは遺伝子を多様化しない。
同じ遺伝子セットを複製しただけだから。

 僕は科学否定論者ではないが、自然の流れに人が
自己の利害や都合で干渉してうまくいったためしは
ないと感じている。

 自分がクローンだったと考えてみよう。その事実
を知らない場合は影響は少ないだろう。だが自分が
クローンであることを知ったとしたら?

 たぶん自己の存在意義を疑うだろう。複製の意味
はオリジナルが破損したり紛失した場合の予備でし
かない。自分は予備の人間だという意識は、生きる
気力や動機を失わせるに十分だろう。

 生命が尊いのは、それが唯一無二であり、代えが
利かないからだ。子供が3人いたとしよう。末っ子
が事故で死んだ。子供は2人になった。1人減った
から、またもう1人作ればいいと考える親は少ない
だろう(そう信じたい)。数合わせをすれば1人失
った埋め合わせができるというものではないからだ。

 クローンの発想は数合わせの考え方に通じるもの
がある。1人失ったら、細胞を複製してまた作れば
いい。遺伝的に同じものができれば、損失は埋め合
わせができるという考え方だからだ。

 「ジュラシックパーク」で蘇った恐竜たちもクロ
ーンだった。映画では非常によくできたCGの恐竜
の動きにだけ注目が集まっていたが、原作は進化の
流れに反することを人間が行った場合の結末を示唆
していた。

 生命の進化は逆戻りすることはできない。滅びた
ものを蘇らせても、存在している時間軸も空間も周
囲の環境も人間関係(同種の個体との関係)も違う
のだから、クローンは異物でしかない。それは既に
出来上がっている環境や世界の調和を乱すだけの存
在なのだ。

 生命を複製することは、生命の価値を引き下げる
ことにつながる。代えが利かないから、一度滅びた
ら二度と取り戻すことができないからこそ、生命は
尊いのだ。

 手塚治虫の「人間ども集まれ」はクローン人間を
孤島の研究施設で量産し、世界中にいわば奴隷、あ
るいは生体ロボットとして輸出し、それを財政基盤
として独立国家を建設した男たちの話なのだが、自
分たちのアイデンティティと存在の意味に疑問を感
じたクローンたちの反乱によって、国が滅びるとい
う結末を迎える。

 倫理的、宗教的価値観を度外視しても、科学的な
理由から、クローン人間の「製造」は危険極まりな
く、大量に生み出せば、社会は混乱し退廃していく
ような気がする。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。