天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落込みから復活へ

別れが好きだ。
別れてしまえば、全てが自分のものになるから。
手の届かなかったあの女も、自分の記憶の中に閉じ込めて
おくことで、自分のものにすることができる。
そんな気がするから。

本心を曝け出せない。
本心を曝け出せば、
自分の弱さも人目に晒される。

傷つきたくない。
傷つけられたくない。
だから、本心を曝け出せないのだろう。

もう、何もしたくない。
たとえ、やり残したことがあったとしても、
もう、何もしたくない気分だ。
このまま少しづつ、自分でも気づかぬうちに、
この世から消えてしまいたい。
そんな気分だ。

成功だとか、失敗だとか。
勝ち組みだとか、負け組だとか、
効率だとか、無駄だとか、
もう、そんなことどうでもいい気分だ。

しょせん人が勝手に決めただけの結果だ。
観方によってはどのようにでも解釈できる、
その程度のものに過ぎない。

何をやっても同じ。
何もやらなくても同じ。
良いも悪いもない。

結果は誰が決めるんだ?
俺か?他人か?それとも神か?

がんばって何になる。
そんな気がしてきた。
心の中が荒涼と果てしなく続く宇宙のような気分だ。

それでも生きていくためには、
何かが必要だ。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。