天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこか欠けているのが人間

完全を求めて、あがいていたあの頃。
不完全な自分に、苛立ち、失望し、絶望すらしていた。

でも、今、
少しは世の中の人間のことがわかるようになり、
気付いたことがある。

完全な人間などいないってこと。
どこを探したっていやしない。

不完全だから人間なんだ。

自分の欠けているところ、
不完全さを気に病むことはない。
それで当たり前なんだから。

ただ、全力を出し尽くしたという実感さえあれば、
満足することはできるはず。
それで十分じゃないか。

途中で投げ出さずに、
自分で決めたことを、やり通したという感じと、
満足感さえ得られれば、
それでいいんだと思う。

やれる所までやれれば、
それで十分じゃないか。
他人と比較することはないさ。

なぜなら、人はそれぞれみんな違うのだから。
完全な人間なんて、
何処を探したって、いないのだから。

その思いが、
挫折したとき立ち上がる力を与えてくれる。
生きる勇気を与えてくれるんだ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。