天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては自分のせい

自分の手にあまるような問題が起きると人のせいにした
くなることがある。自分を正当化し責任を回避したくなる。
責任を負うことで損害を被るようなときは、なおさらだ。
でも、そんな生き方、考え方をしていたら、どんどん自分
が無力な存在になっていくことに気づいた。
自分の行動に責任を持つということは、世界に影響力を行
使するための条件なのではないだろうか。
職場で一時、抜き先ならない状況に置かれ、八方塞に思え
たとき、この状況を作り出している張本人は自分なのだと
気づいてから、状況が好転しはじめた。



----------------------------------------------------

朝、トイレの便器に座り、いきんでいるとき、
「ちくしょう!」と叫んでいる自分がいる。
何に対してなのかは、はっきりしない。
昨日、うまくいかなかったことに対してか、
自分の置かれている状況に対してか、
自分の存在自体にか。

でも、よくわからない。
自分の中に抱え込んでいる矛盾が、
「ちくしょう!」という言葉になって吐き出されていく。
「ちくしょう!」と言うことで、
世界に立ち向かっていける気がしたのかも知れない。

腹を立てているわけでは、ない。
絶望してるわけでも、ない。
でも、叫んでしまう「ちくしょう!」と。

ある日おまじないの言葉を教えてもらった。
「すべては自分のせい」

何かあると「すべては自分のせい」と心の中で唱える。
気が楽になる。
なぜだか知らない。
でも、気が楽になる。
気分が落ち着く。
世界が自分のものになった気がするんだ。

「すべては自分のせい」
「すべては自分のせい」
この呪文を唱えると、世界は自分のものになる。
「すべては自分のせい」
「すべては自分のせい」

良いことも悪いことも、全部自分のせい。
なんか、自分が世界の主になった気分だ。

もう便器に座って「ちくしょう!」とはいわない。
「すべては自分のせい」なんだから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。