天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独りぼっち

私はひとりぼっちだ。

10年以上、友人と呼べる人がいない。

5年以上も恋人と呼べる女もいない。

父親は6年前に亡くなった。

母親は私をほとんど理解しようとしない。

兄は、私を見下し強圧的な態度だ。

弟も、私を見下し攻撃的だ。

だから、兄弟とはもう会いたくもないし、母親とも距離を感じている。

私ももう半世紀も生きてきたが、妻も子もいない。

自分以上に独りぼっちの人間はいないのではないかと思うくらいの境遇だと思う。

でも、孤独ではない。

なぜかと言えば、あまり寂しくないからだ。

一人の方が自由でいられるから好きなのかも知れない。

あるいは、親兄弟、恋人友人知人から、手ひどい裏切りをされたから、人間不信、対人緊張が強いのかも知れない。

そんな私だが、自殺などあまり考えたことはない。

だから、私ほど孤独でない人たちが、自殺したり精神的に不安定になったり、孤独が耐え難いなどと言うのを聞いても、あまり同情心は起きない。


「俺の方ずーと独りぼっちだよ」って、思うような人ばかりだから。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。