天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にもある貧困問題

「格差社会」「社会的格差の拡大」が政治課題としてようやく公に認識されるようになってきた。

「戦後最長の景気拡大」とか宣伝しても、その実感がない層が多い。
だから「成長を実感に」などと文法的にちょっとおかしいようなスローガンを与党は抱えざるを得なかったわけだ。

だが、ことは格差だけではない。
「貧困」
これが今の日本の経済問題を正確に表すキーワードだ。

OECD(経済協力開発機構)の調査では、日本は先進国の中では、貧困率が第二位だ。第一位はアメリカ。(2000年発表の統計)

これは、18歳から65歳以下の人(生産人口)の可処分所得(税金、社会保障を引いた額)の中央値の半分以下の層の割合で計る。

日本は一位のアメリカの貧困率13・7%に迫る13・5%で、三位のアイルランド11・9%よりも際立って高い数値となっている(2000年発表の統計)

1990年の統計では、11%台だったから、急激に貧困層が拡大していることがわかる。

最新の国民生活基礎調査のデータ(2002年所得)で計算すると、日本の貧困率は16・7%で、さらに上昇している。
この数字は約1800万人もの人が貧困レベルにあるという、想像以上に怖ろしい貧困化が進んでいるという証拠だ。

被雇用者の3人に1人が不安定雇用(非正規雇用)で、貧困層の大部分が、この層に集中しているものと思われる。

これは、政府と経済界が「構造改革」の名の下に進めてきた政策の結果だ。





スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。