天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸入された光化学スモッグ

先月の中旬頃だったか、僕が住んでいる地方都市で光化学スモッグ注意報が出ました。外出中で市の広報用のスピーカーから聞こえてきました。東京都心部からは遠い、田舎の雰囲気が色濃く残るこの歴史ある町で光化学スモッグかぁ!と残念に思ったのですが、その原因は中国にあったと後のニュースで知り、二重に驚きました。

僕は中国嫌いでも無いし、むしろ中国の歴史と文化に敬意を持っている方だと思いますが、アメリカへ中国から輸出された毒入りペットフードで犬が死んだり、他にも同様の事故が発生していることなどを見ると、どう贔屓目に見ても、今の中国の経済=お金儲け最優先主義は、おかしいし問題を含んでいるとしか思えません。

スーパーなどで日本製と中国製の同種類の食品が並んで売られていると、安さに釣られて、中国製品を買うことが多いのですが、安全性を考えると、値段最優先の選択を考え直す必要を感じています。

自分でも商売をやっているのでわかりますが、採算が取れない損益分岐点以下の料金設定では、たとえお客が沢山ついても、商売としては成り立ちません。中国の場合は日本との通貨レートの価値の差と国内的に人件費が安いことで、十分に採算が取れているはずでが、その圧倒的に有利な条件の中国などと、同じ土俵で純国産である食品などを競争させるということは、国内の産業や特に農業に壊滅的打撃を与えることになります。

長い目で見た場合の自国の利益を考えれば、特に食料は国内産を買う選択が正しいと思いますし、純粋に価格だけを見ても、あまりに安いものは、品質や安全性に問題が無くても、生産者にろくな利益が出てないという理由から問題があると思っています。

作る人も買う人も共に幸せにならずに、立場の強い方だけが一方的に利益や繁栄を享受するような取引が当たり前で疑問視されない社会というのは、潜在的にせよ、不安定要素を抱え込むことになりますし、不利益を耐え忍ぶ側の怨念というか否定的感情が社会に与える影響を考えると、利益を享受している側も、心から手放しで幸せにはなれないと思います。

結局、自由主義や競争原理、はたまた個人に全ての責任を負わせるために唱えられている自己責任の御旗の基に、こういう状態を容認する社会や個人の態度というものは、利己主義以外の何ものでもないと思ってしまいます。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。