天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

キリマンジャロの氷河

先日観た、NHKの『アフリカ縦断114日の旅』はよかった。アフリカには20年以上も前に半年ほど滞在し旅したことがある。だから、番組を見ていても、見知らぬ土地、珍しい土地ではなく、懐かさと同時に、また行きたいという気持ちが強く湧き出て来た。中でも臨場感たっぷりに思い出したのは、キリマンジャロ登山のシーンだ。キリマンジャロは現地語のスワヒリ語で「輝く山」という意味だが、その名の通り、頂きの上の方は年間を...

 13, 2008   0
Category  環境・社会問題

幼馴染と初恋の人の思い出…3

「あなたの家は、裕福だったわね。お屋敷と呼んでもいいくらいの広い家と、一日中遊んでいても飽きないくらいいろんな木や古井戸や納屋、小さな丘、池もある広い庭。とても羨ましかった。私んちなんて、お金が足りなくて天井裏も剥き出しのままの小さな家とその周りに空き地があるだけ。子供心にショーちゃんとことうちんちが、なんでこんなに違うのかと思ってたのよ」ちょっとショックだった。ミチヨが僕の家のことをこんな風に思...

 09, 2008   0

人はどこから来て、どこへ行くのか?

たしか、フランスの画家のゴーギャンの大作に「人は何処から来て、何処へ行くのか?」というタイトルの絵があった。人、現生人類、ホモサピエンスが我々の人類学上の名前だが、遺伝子(ミトコンドリアのDNA)の分析からわかったことは、人類は皆、兄弟だということだ。今、この地球上に住む60億人全てが、20万年ほど前に東アフリカに生きていた、ある一人の女性の子孫だったというのだ。東アフリカに行ったことがある。主な目的...

 05, 2008   0
Category  環境・社会問題

幼馴染と初恋の人の思い出…2

「あいつとはもう別れたよ。絶交したんだよ」「それに俺がなんでお兄さんを殺したいと思ったのかが、わからないよ!」僕は彼女の兄が死んだこととは無関係だということを、どうしたら彼女に信じてもらえるのだとうかと思いながら、そう言った。「そう、別れたのね。それでちょっと安心したわ。もう関係ないのね。」「関係ないよ。もう二度と会う気もないし。でも、何で俺がお兄さんの死と関係があると思ったの?」「ごめんなさい、...

 02, 2008   0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。