天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

人に値段を付ける風潮

前のブログの記事で、人に感動や貢献を与えた量と年収が比例するという主張に反論したが、これは、価格が高いものは、それだけの価値がある、ということを単純に信じている結果だろうと思う。年収が(その年の)人の値段だというわけだ。そう考えれば、年収が高い=価値のある人 ということになる。それと、感動させることが商売の秘訣だという、数年前からはやっている「感動マーケティング」を結びつけた考え方だろう。まぁ、自...

 22, 2007   0
Category  医学・健康

年収と社会貢献度は比例するか?

収入の額と社会貢献度は(正)比例するとか、もっと凄いのは、人に与えた感動の量と年収額は比例するとかい言ってる経営コンサルタントや経営者がいるようだが、それは本当だろうか?先日一審で実刑判決を受けた村上被告は果たして大衆に感動を与えたのだろうか?ホリエはどうだ?親から受け継いだ不動産を売却して巨額の収入を得た地主の二代目は、多くの人々に感動を与えたと言えるだろうか?株式売買で成功しているデイトレーダ...

 22, 2007   0
Category  環境・社会問題

拝金教徒が跋扈する国

村上ファンドの主が有罪になった。しかも実刑判決だ。彼は数百億や数千億円もの資産があるらしいが、2年間刑務所で過ごすのギャップの凄さを想像すると、恐ろしいくらいの苦痛と屈辱だろう。速攻で控訴したが、果たして執行猶予がつくかどうか?「金儲けして何が悪い?!」彼が記者に質問した言葉だが、この質問に彼の価値観の本質が現れているように感じる。銀行強盗が「金儲けして何が悪い?」と言っても、その質問自体が破綻し...

 20, 2007   0
Category  環境・社会問題

投票棄権は独裁国家への一里塚

今月末に参議院の選挙がある。選挙の度に問題になるのが投票率だ。日本では国政レベルの選挙でも、投票率が6割にも満たないのが常態化している。納税は国民の義務で、支払わなかったり脱税しようものなら逮捕されることもあるくらい厳格に取り立てられている。一方、選挙の投票は権利だが、4割以上もの人が権利放棄をしていても一見、何の問題もないように見える。この落差は一体何を意味しているのだろうか?2007 ベルリン国際...

 10, 2007   0
Category  環境・社会問題

ストレスのはけ口としての「いじめ」

もう、日本の日常的な出来事と化した感のある「いじめ」だが、その根本の原因を分析した上で解決法を示している人は少ないように感じている。あまりに日常的で、自分とは全く関係ないと言い切れる人がほとんどいない問題だからなおのこと、近すぎてその原因や背景、普遍的に適用できる解決法が見えてこないのだろう。いじめの一般的な定義は、「自己より身体的、社会的に弱い立場にいる人に対して、一方的に身体的・心理的・社会的...

 10, 2007   0
Category  環境・社会問題
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。