天邪鬼の独り言

日記、エッセイ、独り言、愚痴、フィクション、なんでもありのブログです。書きたいことを書きたいスタイルで書いていきます。

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

想像力が人間である証

想像力というと、現実ではないものという印象があるが、それは違う。想像力は、現実を作り変える原動力だ。想像力があるから、人類は、環境を変え、人間の世界を創ってきたのだ。想像力無くして、今の人類はない。今の社会もない。今の技術もない。人が頭で思ったことは、いつか実現する。それが人類と他の動物を隔てる、一番の違いだ。できれば、その力を良い方向で使いたいものだ。環境と調和し、他者とも調和するような、新たな...

 03, 2017   -
Category  エッセイ

いま、ここにいること。

体力と気力も使い果たしたことはありませんか? いつも元気で明るくなんて、理想かも知れないけれど、僕にはできない相談です。 そんなとき一言つぶやいてみます。 「いま、ここに、生きているだけでいい」 本当はそんなこと、言ってくれる人はいません、めったには。 同僚、上司はもちろんのこと、親兄弟、親戚、親友、知人でもあまり期待できないかな… でも、一番、愛とまでは言わないけれど、思いやりと肯定感に満ち溢れている...

 30, 2016   -
Category  エッセイ

スマホ(携帯電話)は身体の一部!?

日本における携帯電話(PHS含む)の契約台数は、約6200万台にも達している(2003年時点)。ほんの数年前までは、携帯電話の所有は、経済的ステータスシンボルのような感じだったが、今では高校生でも持ってるのが当たり前のようになってしまった。 何が携帯をそれほどまでに普及させたのか?その答えは一言ではいえないが、外出先での連絡手段というのが最もまともな理由だろうが、知り合いが使っているから自分も持っていないと、...

 30, 2016   -
Category  エッセイ

クローン人間

生命の進化に対する挑戦か? 1997年2月に誕生したクローン羊「ドリー」は、哺乳類のクローン創造の第一歩だった。クローンとは生物の複製のことだ。つまりオリジナルではないということ。 生命は進化の過程で複雑さを獲得していった。身体組織が複雑になり、生物全体が多様化している理由は、環境が激変した場合でも、生き残りの確率が高くなるというのが、合理的な説明らしい。 クローンはそのような進化の方向性からはみ出し...

 22, 2016   -
Category  エッセイ

インターネットの世界

インターネットのサイトは世界の断片。モザイクのように、世界の破片が組合わさって、ひとつの世界を創り出している。真夜中、ひとり部屋に居るとき、インターネットが世界への窓口だ。サイトの中は、人の気配が充満している。まるで繁華街の中のさまざまな店の中のように。街をあてもなく気ままに歩くようなネットサーフィン。目的地を決めて、一直線に進むためのサーチエンジン。デジタルでコード化された世界には、訪問されるの...

 22, 2016   -
Category  エッセイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。